6-9 September 2022
KEK
Asia/Tokyo timezone

超伝導線材開発(1)

7 Sep 2022, 09:00
50m
3号館セミナーホール (KEK)

3号館セミナーホール

KEK

Speaker

菊池 章弘(NIMS)

Description

現在、高エネルギー粒子加速器やMRIなどの実用超伝導マグネットにはNbTi合金線材が広く使われています。NbTi合金は塑性加工が比較的容易で長尺線材も世界的に量産されています。一方、10Tを超える高磁場マグネットでは、上部臨界磁場の高い化合物系や銅酸化物系などの高磁場用超伝導線材が求められます。いずれも脆弱な機械的性質をもつため線材化は難しく、さらに高い性能を得るには結晶粒の微細化や結晶配向などの高度な組織制御も必要で、そこに線材開発の醍醐味があります。本講義では、各種超伝導体の性質に応じたユニークな線材化プロセス開発とそれらの特徴について、最新トピックスを交えながら解説します。

Presentation Materials

There are no materials yet.