6-9 September 2022
KEK
Asia/Tokyo timezone

COMETと耐放射線超伝導電磁石開発(1)

9 Sep 2022, 13:20
50m
3号館セミナーホール (KEK)

3号館セミナーホール

KEK

Speaker

吉田 誠(KEK)

Description

加速器の大強度化に伴い、ミューオン等を生成、輸送する2次ビームラインにも高い放射線耐性が要求されるようになっている。2次粒子を効率良く生成、輸送するためには、生成標的上またはその近傍に強磁場を印加することが必要である。近年、超伝導磁石を用いた2次ビームラインが開発、建設されており、J-PARCでも世界最大強度のミューオンビームを生成するためのCOMET超伝導磁石システムを建設中である。超伝導磁石を高放射線環境で運転する場合の問題点、設計の実際について説明し、さらに高い放射線性耐性の実現に向けた基礎研究について紹介する。

Presentation Materials

There are no materials yet.